幹事さん必見。団体旅行のプランの工夫。

団体旅行の幹事さんになったことはありますでしょうか?社員旅行ですと、部署ごとに輪番で決めることも多いようです。
しかし、そんな社員旅行があるということは、社員旅行好きのおじ様たちをまとめなくてはなりません。
これらの社員旅行好きのおじ様たちの特徴をまず挙げておきます。
お酒が好き。
カラオケが好き。
統率したいが上司であり、なかなか酔っ払ってきたときの統率が難しいなどです。
そんなあなたにぴったりの団体旅行のプランは、貸し切りバスプラス極力バスを降りないプランです。
関東ですと、山形、秋田あたりがお勧めです。
とにかく、バスに乗った瞬間プッシュっとビールを開ける音が聞こえる社員旅行の場合には最適です。
朝、集合、昼食だけどこかの有名飲食店で食事を取り、また現地へ。
宿泊先直行がお勧めです。
その後は自由行動。
酔っ払ったおじ様たちが何をしようと、宿泊先についてしまえばこっちのもの。
後は放置しておけば温泉に入ったり、カラオケしたり、自由です。
そして帰りに女性社員でも旅行気分を味わえるプランを入れましょう。
大抵、おじ様たちは初日のお酒で二日酔い。
そんなに遠くまでは行きません。
それでもバスの集合時間も気にしないように、工場見学のようなツアーならもっとラクですよ。
団体旅行のプランに申し込むのは個人でなくてはいけないという決まりはありません。
団体で申し込む事も可能です。
団体旅行に団体で申し込むというのは違和感があるかもしれませんが、小さい会社の慰安旅行などでは実際にそのような利用をされる方が多くいらっしゃいます。
私は旅行は自由に計画して楽しみたいほうなのであまり個人的に団体旅行に申し込んだ事はないのですが、二年程前に初めて妻と二人でバス旅行ツアーに参加しました。
妻はマイカーでの旅行が好きでバスツアーに誘っても最初は全然乗り気ではなかったのですが、バスでのんびり移動して蟹をたらふく食べて温泉に入ってお土産までもらって帰りはバスの中で眠りこけて…満足してもらえたようです。
ほとんどの参加者が私たちのように夫婦やカップル、友人同士2人~3人だったのですが、その中に12人ほどの団体客がいました。
バスで席が近くでしたので聞くともなしに聞いているとどうやら同じ会社の従業員のようです。
参加していない社員の悪口で異様なほどに盛り上がっていました。
食事の席ではちゃんと全員が同じテーブルにしてもらっていましたし、バスの座席も全員固まっていましたので団体で申し込んでもいろいろと配慮してもらえるようです。
10人~20人程度ならバスツアーに限らず団体旅行のプランにするのも悪くないと思いました。