海外団体旅行のプランの活用烹

海外旅行を計画している。
毎日いろいろ忙しいし、航空券やホテルを自前で用意するのは少々億劫だ。
そこで、とりあえずツアーに参加しようと思っているが、ツアーには、大きく分けて主に2種類がある。
(1)団体旅行のプランを利用(2)フリープランでのツアーである。
前者は基本的に添乗員同行、後者は到着空港から現地ホテルまでガイドがつく、といった形が多い。
ちなみに私の場合、この両者の使い分けは明確だ。
それは、初めて訪れる国、かつ、英語圏以外の国、そして、日本語があまり通じない国。
この3つの要素がそろったら、迷うことなく団体旅行のプランを利用している。
具体的な国名を挙げると、例えば私の場合、比較的メジャーな国では、イタリア・スペイン・フランスなども入るかも知れない。
こういった環境の国で自由旅行をしようとすると、言葉の問題もあり、自由旅行のつもりが、かえって自由度を狭めてしまう場合がある。
もっとも、何を以って「自由」とするかは、個々の考え方にもよるが。
でも、これらの国々でも、一度ツアーで訪れておけば、二度目からは自由旅行できることが多い。
ある程度勝手がわかっている、というのは大きいからだ。
旅のスタイル選びの参考になれば幸いである。
一時期、海外旅行といえば、フリープランのツアー(航空券+ホテル+送迎のみのツアー)、もしくは、個人旅行(航空券・ホテルを自前で用意する完全オーダーメイド)と、自分の中で相場が決まっていた。
自由度が高いし、比較的リーズナブル(だと思っていた)に済むからである。
だが、実は最近、昔ながらの、と言っては少々語弊があるかも知れないが、団体旅行のプランのよさを再認識している。
というのは、フリープランにしても個人旅行にしても、例えば現地で「現地発着の市内観光」とか、有名博物館や美術館めぐり、有名レストラン、ショータイムなどを楽しもうとすると、意外と現地費用がかかるのだ。
これらを合算して、団体旅行のプランと比較してみると、意外なことに、大して変わらない場合が随分ある。
それならば、各観光地に完全なガイド(添乗員さん)がついてくれる団体旅行のプランの方が、トータルではおトク、という考え方もできるわけだ。
もちろん、絶対束縛されたくない、という旅のスタイルなら、選択の余地は無いかもしれない。
でも、そうでないなら、団体旅行のプランも、トータルな視点で考えると、意外とおトクだったりすることもある。
ぜひ、そういった観点もあわせて、検討してみて欲しい。