団体旅行でツアー

団体旅行でツアー、そう聞いて連想するのは、会社での社員旅行ですね。
大きな企業なら部署ごと、小さな会社なら全員で一つの観光地に行き、景観や観光を楽しみ、夜は宴会で親睦を深める、そうした旅行をイメージできるかと思います。
その旅を企画するのは、幹事さんと呼ばれる、入社して数年くらいの若い方や、企画好きで何年も担当されている方です。
毎年、マンネリにならないように、社員の皆さんのために、どのような企画にしたら、楽しんでもらえるだろうと思案します。
社員の皆さんに負担のならない移動範囲で行き先をまず考え、次に予算から、工程やホテル、料理コースを考えます。
このあたりは、最近では見積、相談に対応してくださる旅行代理店のホームページがいくつかありますので、とても便利になりました。
特に、初めて幹事を任されると、細部まで気を遣っているようでいて、意外と行き届いていなかったりするものです。
旅のことは、旅のプロにお任せした方が、失敗はないでしょう。
また、そんなプロのノウハウから、自分の仕事への姿勢を学ばせてもらえる良い機会を得られることでしょう。
そして社員旅行を無事終了させ、皆さんが楽しい思い出を作ることが出来たら、幹事としてこれ以上の達成感は無いと思います。
団体旅行でツアーに参加するのと個人旅行にはそれぞれ代え難い良さがあります。
旅行会社にホテルや航空券の手配だけをお願いする方法もありますね。
私はどちらかと言うと個人旅行派です。
自由気ままに旅ができるし興味のある美術館や博物館では立ち止まってゆっくりと見て回りたいからです。
ツアーはどうしても時間が決められていて自由度は少ないですからね。
しかし海外旅行なら団体ツアーが良いと思います。
私は一度仕事半分遊び半分でアメリカに一人で行ったのですがたいへんなめに遭いました。
右も左も分からないし言葉もわからないのですからいかにも無謀でした。
その点ツアーなら添乗員さんがいるので安心ですね。
特に言葉の分からない国、治安があまり良くない国では断然ツアーでしょう。
タイに行った時は団体ツアーに参加しました。
なんの手配もする必要がないのが何より楽でした。
一度覚えてしまったら癖になってしまうかもしれません。
ホテルもレストランも想像以上に良かったですし、海外ツアーの場合は自由時間もけっこうありますので見物し足りなかったところへはもう一度足を運べば良いだけです。
年配の男性では一人で参加している人も何人かいましたがツアーでも基本的に友人同士やご夫婦が多いようです。
私もその時は一人で参加したのですが周りを見ていると少し寂しい気がしました。
次は家族と行こうと思っています。